日本でも普及した天然水

日本は水道の水を飲める数少ない国です。そんな国で、お金を出してまで水を購入する者がいるのか、と昔は言われていましたが、水道水のカルキ臭や低いとは言え危険性のある物質の混合、健康機運の高まりなどによって、80年代に販売が開始されました。その後、90年代に入って輸入品も増え、一般的にも認知されるようになりました。現在では、スーパー、コンビニはおろか、自販機でも天然水は陳列されており、今や日常として見かけるまでになっています。

iehjgngjff.com